Tomoyuki Yanagawa
Works
2D painting [7 Objects, 3 Picture Planes]
Tomoyuki Yanagawa + Takayoshi Ohara + Ryu Furusawa
year: 2019
material: LED Lamp, LED Strip, Wood, Computer
size: W5500 x H3000 x D10000 mm ,plane size : W720 x H535 mm

「2D Painting」は、2019年3月にシリーズ1作目を発表したもので、本作はその新作となる。
壁に切り抜かれた矩形と、その奥に配置されたいくつかのオブジェクトから成る。それらのオブジェクトには個別に照明が当てられ、ゆっくりと配色が変化する。
タイトルにある2Dとは、2つの空間(Depth)を意味している。イメージを構成しているのは三次元空間に配置されたオブジェクトでありながら、定位性を失わせる特殊な構造と色対比によって二次元的イメージ(絵画的空間)としての認識の優位性が高まる。現実の三次元空間と二次元の色彩によって喚起される絵画的空間、この2つ空間の横断を体験することになる。

This work consists of a square window cut out of a wall and some objects behind it.
These objects are individually illuminated and slowly change color scheme patterns.
The “2D” in the title refers to two types of “Depth”. It is perceived as a two-dimensional image (pictorial space) depending on the special structure and color scheme that cause loss of localization, but actually the image is composed of objects arranged in a three-dimensional space. This work holds two depth: a real three-dimensional space and a pictorial space evoked by two-dimensional color scheme. Viewers will wander crossing these two depths.









photo: Ryu Furusawa



2D painting [hollow square, sphere]
Tomoyuki Yanagawa + Takayoshi Ohara + Ryu Furusawa
year: 2019
material: LED Lamp, LED Strip, Wood, Computer
size: W400 x H400 mm

タイトルにある2Dとは、2つの空間(Depth)を意味している。鑑賞者はまず最初に、画面に展開される二次元的な色面に目を奪われるが、注視すると、その画面的に見える矩形は切り抜かれた窓であり、その奥の空間に展開されるオブジェクトのコントラストが生み出したイメージを見ていたことに気付かされる。
イメージを構成しているのは、約4mの奥行きを持った三次元空間に配置されたオブジェクトでありながら、それらの配色によっては二次元的イメージ(絵画的空間)としての認識の優位性が高まる。実際の三次元空間と、二次元の色彩が織りなす絵画的空間の横断を通して、イメージ定着に関する認知を再考する。

The 2D in the title means two spaces (depth). First of all, the viewer loses his eye on the two-dimensional color plane developed on the screen, but when he gazes at it, the rectangle seen on the screen is a cutout window, and is developed in the space behind it You will notice that you saw the image that the object’s contrast produced.
The images are composed of objects arranged in a three-dimensional space with a depth of about 4 m, but their color scheme enhances the recognition superiority as a two-dimensional image (pictorial space) . Reconsideration of image fixation through the crossing of the actual three-dimensional space and the pictorial space interwoven with two-dimensional colors.






photo: Ryu Furusawa